日本ライプニッツ協会

日本ライプニッツ協会規約

第1条

本会は「日本ライプニッツ協会」Societas Leibnitiana Japonicaと称する。

本会の発足日は2009年4月1日である。

第2条

本会は Gottfried-Wilhelm-Leibniz (1646-1716) の哲学、論理学、神学、法学、数学、自然科学、歴史学、中国学、倫理学、言語学その他多岐に及ぶ思想・活動・業績について、研究を推進し、研究情報を交換し、会員相互の研鑽と親睦をはかることを目的とする。

第3条

本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

  1. 学会、研究会、講演会などの開催。
  2. 機関誌『ライプニッツ研究』Studia Leibnitiana Japonicaの刊行。
  3. Gottfried-Wilhelm-Leibniz-Gesellschaft Hannover をはじめ、海外の各ライプニッツ協会及びライプニッツ研究機関との交流。
  4. その他必要な事業。
第4条

本会は以下の各項に該当する者をもって会員とする。

  1. ライプニッツの、思想・活動・業績に関心を有する者。
  2. その他必要と認める者。
  3.         
  4. 名誉会員を置くことができる。
第5条

本会の運営は会費、及び寄付金その他の収入による。

第6条

会員は年会費3,000円を納入する。

第7条

本会は次の役員を置く。

会長1名

理事若干名

会計監査2名

幹事若干名

このうち理事は『ライプニッツ研究』の編集委員も兼務する。

第8条

理事及び会計監査は会員の中から選出する。会長は理事の互選による。

第9条

会長は本会を代表する。会長と理事は理事会を構成し、本会の運営について協議・決定する。会計監査は年一回会計を監査する。

第10条

役員の任期は3年とし、重任を妨げない。ただし会計監査は2期までとする。

第11条

理事は編集委員会を構成する。編集委員会は互選により編集委員会委員長を選出する。編集委員会の規定は別途定める。

第12条

本規約の変更・追加その他は、理事会の提案を経て、会員総会の決議による。

以上 2009年11月14日制定/ 2011年11月13日、2012年11月4日、2016年11月20日改正

日本ライプニッツ協会役員

           
会長: 酒井 潔 (学習院大学)
 
理事: 池田真治 (富山大学)   
  伊豆倉好美(聖心女子大学)
  上野 修 (大阪大学)    
  佐々木能章(東京女子大学)
  鈴木 泉 (東京大学)
  谷川多佳子(筑波大学)
  長綱啓典 (帝京大学)〔編集委員会委員長〕
  松田 毅 (神戸大学)
  山田弘明 (名古屋文理大学)
  山内志朗 (慶應義塾大学)
  米山 優 (名古屋大学)
 
会計監査:清水洋貴 (筑波大学)
  町田 一 (慶應義塾大学)
 
事務局: 長綱啓典 (帝京大学)
  江森てるみ(学習院大学)
  小畑亜礼(学習院大学)
 
(任期:2015年4月1日〜2018年3月31日)
【日本ライプニッツ協会会員数:150名(2016年9月30日現在)】
以上