実存思想協会第28回大会プログラム   

日時    2012年6月30日(土); 9:30〜20:00
場所    関東学院大学KGU関内メディアセンター
   (横浜メディア・ビジネスセンター8階)
   みなとみらい線日本大通り駅1番出口より徒歩5分
   みなとみらい線馬車道駅5番出口より徒歩5分
   JR関内駅 北口より 徒歩5分
   地下鉄関内駅 1番出口より徒歩5分
   ※建物内に自動販売機がございます。

T   研究発表(9:30〜12:30)   

A会場   801号室   

   (1)   「「感謝」とハイデガー」
                                     淺野章(元日本大学大学院)

          司会: 古荘真敬(東京大学)

   (2)   「メタ存在論を手がかりとした、ハイデッガーの基礎存在論と眼前性の問題」
                                      丸山文隆(東京大学大学院)

          司会: 陶久明日香(学習院大学)

   (3)   「ハイデガーにおけるエルンスト・ユンガーへの取り組みの再検討」
                                     長谷川晴生(東京大学大学院)

          司会: 梶谷真司(東京大学)

   (4)   「ハイデガーの思索の道における範疇的直観の影響の批判的検討」 
                                     津田良生(上智大学大学院)

          司会: 齋藤元紀(法政大学)

B会場   803号室   

    (1)   「ホワイトヘッド形而上学における「現実的存在」 ――その超越性と相対性をめぐって―― 」
                                      吉田幸司(上智大学大学院)

          司会: 冲永宜司(帝京大学)

   (2)   「ヤスパース『精神病理学総論』第4版での全面的改訂について」
                                     岡田聡(早稲田大学大学院)

          司会:中山剛史(玉川大学)

   (3)   「レヴィナスのキルケゴール解釈による主体性概念の改鋳について
                      ――講演「神人?」にみる「遜り」と「身代わり」の概念―― 」  
                                     村上暁子(慶應義塾大学大学院)

          司会:伊原木大祐(北九州市立大学)

   (4)   「カント倫理学における自己触発 ――ハイデガーとアンリによる尊敬の解釈について―― 」
                                      本間義啓(ストラスブール大学博士課程)

          司会:川瀬雅也(佐世保工業高等専門学校)

U   会員総会(13:30〜14:00):803号室   

V   講演会(14:00〜17:30):803号室   

   理事長挨拶   杉田正樹(関東学院大学)

   テーマ「労働と実存」

   1.「マルクスの労働概念」
                                 神奈川大学教授 的場昭弘

   2.「ハイデガーの労働論」  
                              防衛大学校准教授 轟孝夫

         司会   関東学院大学教授 杉田正樹

W   懇親会(18:00〜20:00)   

    会場:Cafe & Kitchen 333(予定) 会費:学生・非常勤3,500円、常勤4,000円

□ 戻る