赤荻 正樹

あかおぎ まさき
Masaki Akaogi

学習院大学理学部化学科教授

Switch to English



専門: 無機化学

担当講義: 無機化学III、無機固体化学、化学実験、基礎科学実験

住所: 171-8588 豊島区目白 1-5-1 学習院大学理学部

電話: 03-3986-0221(内線 6462

fax: 03-5992-1029
(理学部)

e-mail: masaki.akaogi@gakushuin.ac.jp


学生へ一言

天然にはさまざまな無機物質が存在し、私たちの生活する環境をつくりあげています。また私たちは、人工的に合成した多様な無機化合物を生活に活用しています。無機化学は、このように自然科学のなかで有機物質を除くきわめて広い範囲の物質を取り扱う、基礎となる学問です。無機化学では、100種もの元素の組み合わせによってさまざまに変化する、化合物の性質や構造、反応を学ぶことが重要です。近年では工業的に、新しい機能を持った無機化合物である、種々のセラミックスや新素材が造りだされるようになりました。無機固体化学はこのような新しい分野を学ぶ基礎になります。
 天然の固体無機物質は、地球をつくっている岩石や鉱物です。地球の表層ではすき間の多い構造をもつ鉱物も、地球深部の高い圧力と温度の下では、もっと密な構造に変化します。圧力による構造の変化には、構成元素のイオンの大きさに応じて規則性が見られます。このような圧力による結晶構造の変化と、それに伴うエネルギーの変化を、私の研究室では高圧高温実験と熱測定実験の手法で研究しています。これらの結果から、地球深部の物質の状態や元素の分布を推定することも可能です。


研究テーマ

珪酸塩や金属酸化物など無機化合物の高温高圧下における相転移とその相平衡関係を明らかにする。新規無機化合物高圧相の結晶構造を解析し、エンタルピー・熱容量などの熱力学的諸量と磁性等の物性測定を行う。これらによって、無機化合物高圧相の特性を解明するとともに、高精度の高圧相平衡関係を熱力学的手法によって決定する。これらを通じて、地球深部の高温高圧下における鉱物の相平衡関係を明らかにすると共に、無機化合物の高圧相転移の結晶化学を解明し、新しい無機材料を創製する基礎となることを目指す。

主な研究テーマ(2018年現在)

·  超高圧高温発生技術の開発

·  遷移金属酸化物、ハロゲン化物などの高圧相転移

·  高圧下でのポストスピネル型化合物、ポストペロブスカイト型化合物の探索、結晶構造解析、相平衡

·  珪酸塩、遷移金属酸化物などの高圧相の高温熱量測定

·  酸化条件下でのBubbling法による鉄、マンガン、クロムを含むケイ酸塩の高温熱量測定

·  微少量高圧相の低温熱容量測定と標準エントロピーの決定

·  微少量高圧相の高温熱容量測定、高圧ラマン分光測定、熱力学的諸量の理論計算

 

 

Last modified: July 27, 2018


赤荻正樹
学習院大学理学部化学科

Masaki Akaogi
Department of Chemistry, Gakushuin Univeristy
Tokyo
, Japan


mailto:masaki.akaogi@gakushuin.ac.jp


学習院大学理学部化学科ホームページへ