メール転送設定

  • G-PortやWebClassのメール転送設定はそれぞれのシステムから行ってください.
メール転送とは
  • 学習院ではシステムの性質上,大学公式のメールアドレスに来たメールをGmailなどのプライベートアドレスに「転送」して読む方式となっています.
mailfwd
  • メールアドレスはすでに学生全員に振られています.
mailaddress
  • 転送設定はインターネット経由では行えず,学内PCで行う必要があります.以下,その方法を説明します.
メール転送設定
  • スタートメニュー(すべてのアプリ)→Utility_ユーティリティ(学習院)
mailfwd01

メール転送設定

mailfwd02
  • 転送先E-mailメールアドレス: 自身のプライベートアドレスを入力します.
  • 「学習院のメールボックスにも残す」にチェックを入れます.
mailfwd03

OK

mailfwd04

以上で転送設定は終わりです.

受信確認

大学メールアドレス宛に自分でメールを送ってみて,受信できることを確認します.

  • スマートフォンメールアプリから,大学メールアドレス宛にテストメールを送信します.
  • 少し待ってみて,転送先に設定したアドレスでテストメールを受信できたら成功です.
  • 受信できなかった場合,以下の理由が考えられます.
    • アドレスを間違って入力した 送信できなかったという旨の英語のメールが返ってくるか,その学籍番号の学生が存在していれば,その人に送信されてしまった可能性があります(そうであれば誤送したことを連絡しておきましょう).再度試してみてください.
    • 迷惑メールに振り分けられてしまった 迷惑メールフォルダに入っていないか確認してください.今後迷惑メールと判定されないように,使用しているメールアプリで対処してください.Gmailの場合
  • 見直してみて,うまくいかなかったらサポートセンタースタッフに聞いてください.
参考: メール送信時の送信者表示設定

メール送信時に,差出人の表示をプライベートアドレスから大学メールアドレスに変更したいとき(表示を変更するだけで元のアドレスを完全に隠せるわけではありません)

  • Outlook
  • Gmail
  • Apple Mail
  • Thunderbird
  • その他のメールソフトの場合,「(メールソフト名) 送信元 メールアドレス 変更」などで検索してください.