福元健太郎 業績一覧 (新しい順)

(発表形態別はこちら) ホーム


発表予定
Fukumoto, Kentaro, and Class of 2018, Fast Track Course, Gakushuin University. "The Effect of Candidate List Position on Vore Share: Improving Internal and External Validity." 「実証的なモラル・サイエンス」研究集会、北海道大学、2017年3月9-10日、日本選挙学会研究会、香川大学、2017年5月24-25日
Shoji, Maiko, and Kentaro Fukumoto. "First-Time Voter Boost of Turnout: A New Identification Strategy." 「実証的なモラル・サイエンス」研究集会、北海道大学、2017年3月9-10日、日本選挙学会研究会、香川大学、2017年5月24-25日
Fukumoto, Kentaro. "Non-Ignorable Attrition in Pairwise Randomized Experiments." Paper prepared for delivery at a workshop at Gakushuin University, Tokyo, January 6, 2017, the 4th Asian Political Methodology Meeting, University of Sydney, January 9-11, 2017, the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 7-10, 2017, the Annual Meeting of the American Political Science Association, Philadelphia, PA, USA, September 1-4, 2017、日本経済学会  2017年度春季大会、立命館大学、2017年6月24-25日
Fukumoto, Kentaro. "Gender Gap in Voter Turnout by Moon Age: A Circular Data Analysis." Paper prepared for delivery at a workshop at Gakushuin University, Tokyo, January 5, 2016, the 3rd Asian Political Methodology Meeting, Tsinghua University, Beijing, January 8-9, 2016, 「実証的なモラル・サイエンス」研究集会、日本福祉大学、2016年3月11日-12日、the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 7-10, 2016, 日本選挙学会研究会、日本大学、2016年5月14-15日、the Annual Meeting of the American Political Science Association, Philadelphia, PA, USA, September 1-4, 2016、 第6回グローバルヘルス政策研究センターセミナー、国立国際医療研究センター、2017年6月20日


未定稿
" Why Do Bicameral Chambers Usually, but Not Always, Agree? An Incomplete Information Game Model "
" Bayesian Estimation of Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without Simultaneity Bias "
" Heterogeneity Foundation of Discretion: Legislation, Execution, and Judgment "
" The Double Beta Model for Proportion Data Composed of Heterogeneous Binary Responses "
" A Hierarchy of Citizenship: Identity Politics of Suffrage Extension and Welfare Development, The U.S. and Japan "


2016年
Fukumoto, Kentaro, and Yusaku Horiuchi. 2016. "Identifying the Effect of Mobilization on Voter Turnout through a Natural Experiment." Electoral Studies 44: 192-202.
「日本の政治学で統計学がかこつ三重の不遇」『日本統計学会会報』No.168、11-12頁
「世襲議員は選挙に強い!?」(インタビュー)『α-Synodos』vol.192(2016年3月15日、特集:国会)
"Endogenous Seniority Rule, Reelection, and Agenda Power," ゲーム理論ワークショップ2016、東京大学、2016年3月6日-8日
翻訳:フォキアノス、コンスタンティノス「計数時系列モデル」T・スッバ・ラオ、S・スッバ・ラオ、C・ラオ編(北川源四郎・田中勝人・川崎能典監訳)『時系列分析ハンドブック』(朝倉書店)、341-374ページ(Fokianos, K. (2012)."Count Time Series Models." In T. S. Rao, S. S. Rao, and C. Rao (Eds.),Time Series Analysis: Methods and Applications, Volume 30 of Handbook of Statistics.Amsterdam: North Holland.)
"Missing Data under the Matched-Pair Design: A Practical Guide." International Workshop on Causal Inference, Institute of Statistical Mathematics, Tokyo, January 6, 2016、データ科学シンポジウム「欠測データ解析とモデル選択:生体情報データの統計モデル」、大阪大学、2016年1月22-23日、統計関連学会連合大会、金沢大学、2016年9月4-7日
Fukumoto, Kentaro. 2016. "Game Theory." In Mazzoleni, Gianpietro, Kevin Barnhurst, Ken'ichi Ikeda, Rousiley Maia, Hartmut Wessler, eds. 3 vols. The International Encyclopedia of Political Communication. John Wiley & Sons, Inc., pp. 419-423.


2015年
討論「Junichiro Wada and Yuta Kamahara,"Studying unequal representation using α-divergence"」公共選択学会全国大会、明海大学、2015年11月21日
Fukumoto, Kentaro, and Akitaka Matsuo. 2015. "The Effects of Election Proximity on Participatory Shirking: The Staggered-Term Chamber as a Laboratory." Legislative Studies Quarterly 40 (4): 599-625.
福元健太郎・植木太「市町村選挙が統一地方選挙から逸脱した時期と理由(1)〜(3・完)」『月刊選挙』2015年(68巻)9月号、8-15頁、10月号、9-14頁、11月号、17-24頁[論文][再現ファイル
Discussion, 2015 AES International Conference on the MMM Electoral System under Debates、慶應大学、2015年10月24日
"Missing Data under the Matched-Pair Design: A Practical Guide." 日本政治学会、千葉大学、2015年10月10日
"Missing Data under the Matched-Pair Design: A Practical Guide." International Methods Colloquium, September 26, 2015.
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida) paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, San Francisco, CA, USA, September 3-6, 2015.
"Blocking Reduces, if not Removes, Attrition Bias," paper prepared for the 32nd Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, University of Rochester, Rochester, NJ, July 23-25, 2015.
書評:「新しい革袋の古い酒 久米郁男著『原因を推論する 政治分析方法論のすゝめ』有斐閣(2013年)」『レヴァイアサン』56号、139-41頁
"Share the Name, Share the Vote: A Natural Experiment of Name Recognition" (with Hirofumi Miwa), paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 16-19, 2015.
"Blocking Reduces, if not Removes, Attrition Bias," Paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 16-19, 2015.
狩山和亮、Marco Cuturi, 山本章博、久保山哲二、福元健太郎 「Community extraction based on density-first search and its application to bid data.密度優先探索に基づくコミュニティ抽出と入札データ分析への応用」 第97回人工知能基本問題研究会、別府国際コンベンションセンター、2015年3月22-23日(同研究会資料、SIG-FPAI-B404-03、13-18頁、所収)
Fukumoto, Kentaro. 2015. "What Happens Depends on When It Happens: Copula-based Ordered Event History Analysis of Civil War Duration and Outcome." Journal of American Statistical Association 110 (509): 83-92. [submission version][publisher's website]
Fukumoto, Kentaro, and Mikitaka Masuyama. 2015. "Measuring Judicial Independence Reconsidered: Survival Analysis, Matching, and Average Treatment Effects" Japanese Journal of Political Science 16 (1), 33-51.
Fukumoto, Kentaro (Guest Editor). 2015. "Introduction to Special Issue: Who Does or Does Not Respond to Whom or What in a Democracy? The Case of Japan" Japanese Journal of Political Science 16 (1), 1-4.


2014年
名取良太・福元健太郎・岸本一男・辻陽・堤英敬・堀内勇作「参議院議員通常選挙データベースの開発と利用」『選挙研究』30巻2号、105-115頁
"Share the Name, Share the Vote: A Natural Experiment of Name Recognition" (with Hirofumi Miwa), paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Washington D.C., August 28-31, 2014.
"Blocking Reduces, if not Removes, Attrition Bias," 日本経済学会、同志社大学、2014年6月14-15日
討論[スライド]、法律・制度部会「選挙管理の実務・法律学・政治学」日本選挙学会研究会、早稲田大学、2014年5月17-18日
"Event Count Time Series Models: A Bayesian State Space Investigation" (with Andeas Beger and Will Moore) 日本選挙学会研究会、早稲田大学、2014年5月17-18日
"Asian Political Methodology Meeting" The Political Methodologist (blog edition), January 24, 2014 (with Naoko Taniguchi)
"Blocking Reduces, if not Removes, Attrition Bias," prepared for delivery at the 1st Asian Political Methodology Meeting, Tokyo Institute of Technology, Japan, January 6-7, 2014.


2013年
「得票の継承に対する世襲の効果:政党投票・候補者投票との比較」『選挙研究』第29巻(2013年)第2号、118-28頁(中川馨氏と共著)[日本選挙学会2013年度優秀論文賞受賞][分析再現ファイル一式]
「自然実験」薩摩順吉・大石進一・杉原正顕編『応用数理ハンドブック』(朝倉書店、2013年)、220-21頁
"Political Ticket-Fixing," 公共選択学会全国大会駒沢大学、2013年11月23-24日
「議員」猪口孝・プルネンドラ・ジェイン編『現代の日本政治 カラオケ民主主義から歌舞伎民主主義へ』(原書房、2013年)、75-101頁
"Blocking Reduces, if not Removes, Attrition Bias," prepared for delivery at the Symposium on Incomplete Data Analysis and Causal Inference, Osaka University, Japan, September 22-23, 2013.
"Political Ticket-Fixing," 行動計量学会東邦大学、2013年9月3-6日
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida) Paper prepared for the 30th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, University of Virginia, Charlottesville, Virginia, July 18-20, 2013.
私の視点「失われた選挙記録 様式を統一し、永久保存を」『朝日新聞』、2013年7月5日
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida) 、日本経済学会、富山大学、2013年6月22-23日
"Political Ticket-Fixing," 日本選挙学会研究会、京都大学、2013年5月18-19日
"Political Ticket-Fixing," Paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 11-14, 2013.
"Event Count Time-Series Models: A Bayesian State-Space Investigation, with Analysis of 'Naming and Shaming' Events," (with Andreas Beger and Will H. Moore) Paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 11-14, 2013.
Chair, Panel 38-18 "Machine Learning and Simulation-based Methods to Analyze Votes and Elections," at the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 11-14, 2013.
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida)「社会科学の計量・実証分析ワークショップ」、石川県政記念しいのき迎賓館、2013年3月22-24日
「死に物狂いの政治家は何でもする:政治学における自然実験」応用経済時系列研究会第20回談話会千葉商科大学大手町サテライトキャンパス、2013年2月19日
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida), Asia-Pacific Meeting of Economic Science Association, National Institute of Informatics, Tokyo, Japan, February 16-18, 2013.
"Detecting Unnatural Patterns in Radioactivity Monitoring Statistics in Japan through Natural Experiments"、人工知能学会・人工知能基本問題研究会、第88回第88回FPAI研究会、石垣市民会館、2013年1月24-25日


2012年
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with late Atsushi Yoshida) 、第1回教育経済・教育政策コンファレンス、慶應義塾大学、2012年12月15日
「不自然に低い空間放射線量率測定値:自然実験的アプローチ」(堀内勇作氏との共同研究)、第16回実験社会科学カンファレンス、青山学院大学、2012年12月8-9日
討論、ワークショップ「海・草原から原発まで……公共財の管理権は誰にある?―権利の承認可能性としての正当性―」日本社会心理学会大会、つくば国際会議場、2012年11月18日
"Unstable Respondents Make Approval Rate Unstable: Double Beta Regression for Proportion Data Composed of Heterogeneous Binary Responses," 行動計量学会新潟県立大学、2012年9月13-16日
「原発事故で露呈、繰り返し『業界の虜』となる規制当局の病巣:ガバナンスが破綻したのは今回だけではない」『日経ビジネス オンライン版』(2012年8月31日)
"Event Count Time Series Models: A Bayesian State Space Investigation, with Analysis of "Naming and Shaming" Events" (with Andreas Beger and Will H. Moore), paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, New Orleans, LA, USA, August 30 - September 2, 2012.
"A Bayesian View of Party Systems," The 2nd Institute of Mathematica Statistics, Asian Pacific Rim Meeting, Tsukuba University, July 2-4, 2012
"A Game Theoretic Model of Bicameral Conference and Amendment"、公共選択学会全国大会専修大学、2012年7月1日
討論、セッション「熟議民主主義の理論と実証」、公共選択学会全国大会専修大学、2012年7月1日
「ヤバい政治学 データで分かる政治のウラ表」全5回『日経ビジネス』オンライン版(堀内勇作氏と共著)
「第1回 『政治不信が高まると投票率が低くなる』は本当か 詳細なデータ分析から浮かび上がる意外な事実」(2012年6月6日)
「第2回 笑う門には『票』来たる 顔認証技術が明らかにした無責任な投票行動」(2012年6月13日)
「第3回 ねじれ国会だから決まらない、のウソ 二院制を理論とデータから考える」(2012年6月20日)
「第4回 ニッポンの「一票の格差」是正論議こそ是正せよ!:2倍以内であるかどうかが問題ではない」(2012年6月27日)
「第5回(最終回) 数字の法則が示唆する不自然な『票』と『カネ』 公開データで暴く政治をめぐる不正のありか」(2012年7月4日)
「ゲームで学ぶ政治学8(最終回) 政治家不信、官僚不信」『UP』2012年6月号(No.476)、38-43頁
「近隣諸国の好き嫌いに新聞報道が与える影響」『東洋文化研究』14号(2012年)、243-65頁(古田紘也氏と共著)[分析再現ファイル一式]
"Boundary that Matters: Causal Inference of the School Quality Effect on Land Prices" (with Atsushi Yoshida) Paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 12-15, 2012.
「ゲームで学ぶ政治学7 権力か政策か」『UP』2012年3月号(No.473)、22-27頁


2011年
"Election, Distribution, and Mobilization: A Natural Experiment" (with Yusaku Horiuchi)、第15回 実験社会科学カンファレンス、早稲田大学、2011年12月28日
「ゲームで学ぶ政治学6 ねじれ国会」『UP』2011年12月号(No.470)、36-41頁
"Legislators." In Japanese Politics Today: From Karaoke to Kabuki Democracy, eds. Takashi Inoguchi and Purnendra Jain. New York: Palgrave Macmillan, pp. 51-70.
「戦前日本の内閣は存続するために誰の支持を必要としたか:議会・軍部・閣僚・首相選定者」『学習院大学法学会雑誌』47巻(2011年)1号、75-99頁(村井良太氏と共著)[分析再現ファイル一式]
『新版 アクセス日本政治論』(平野浩・河野勝編、日本経済評論社、2011年)、「立法」、145-64頁
"Treated Politicians, Treated Voters: A Natural Experiment to Estimate Electoral Effects on Fiscal Expenditure" (with Yusaku Horiuchi and Shoichiro Tanaka) , 日本政治学会、岡山大学、2011年10月8-9日
"Making Outsiders' Votes Count: Detecting Electoral Fraud through a Natural Experiment" American Political Science Review [publisher] [association] 105 (3): 586-603. (with Yusaku Horiuchi)(堀内 勇作「選挙前の不正な住民票移動の真相に迫る:『自然実験』によるデータ分析で統計的に解明」『日経ビジネス』オンライン版2011年12月19日)
「ゲームで学ぶ政治学5 節電! さもなくば停電?」『UP』2011年9月号(No.467)、45-50頁
"A Bayesian View of Party Systems" Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Seattle, WA, USA, September 1 - 4, 2011.
"Treated Politicians, Treated Voters: A Natural Experiment to Estimate Electoral Effects on Fiscal Expenditure" (with Yusaku Horiuchi and Shoichiro Tanaka) Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Seattle, WA, USA, September 1 - 4, 2011.
"A Bayesian View of Party Systems" Paper prepared for the 28th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Princeton University, Princeton, July 28-30, 2011.
Discussion on Wand, Jonathan "Tests Using Shape Constrained Inference." the 28th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Princeton University, Princeton, July 28-30, 2011.
討論、シンポジウム「一票の平等」、公共選択学会全国大会、嘉悦大学、2011年7月3日
「ゲームで学ぶ政治学4 瀬戸際政策」『UP』2011年6月号(No.464)、36-41頁
"School Choice Effects on Land Prices: Difference-in-Differences in Regression Discontinuity Design" (with Atsushi Yoshida)、横浜市立大学、2011年6月18日
"Treated Politicians, Treated Voters: A Natural Experiment to Estimate Electoral Effects on Fiscal Expenditure" (with Yusaku Horiuchi and Shoichiro Tanaka) 日本経済学会、熊本学園大学、2011年5月21-22日
"Making Votes Count, Incorrectly: An Application of Benford’s Law to the Japanese Elections"日本選挙学会研究会、関西学院大学、2011年5月14-15日
"A Bayesian View of Party Systems" Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, March 31 - April 3, 2011.
"Treated Politicians, Treated Voters: A Natural Experiment to Estimate Electoral Effects on Fiscal Expenditure" (with Yusaku Horiuchi and Shoichiro Tanaka) Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, March 31 - April 3, 2011.
"Estimation of Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without the Simultaneity Bias by Way of a New MCMC Method"ゲーム理論ワークショップ2011、名古屋大学、2011年3月5-7日
"Election, Mobilization and Participation: A Natural Experiment" (with Yusaku Horiuchi and Shoichiro Tanaka) 「少子高齢化の政治経済学」、一橋大学、2011年3月2日
「ゲームで学ぶ政治学3 政党の政策位置」『UP』2011年3月号(No.461)、51-56頁


2010年
「ゲームで学ぶ政治学2 談合ゲーム」『UP』2010年12月号(No.458)、12-19頁
"School Choice Effects on Land Prices: Difference-in-Differences in Regression Discontinuity Design" (with Atsushi Yoshida)、研究集会「時空間現象データに対する統計科学モデルの構築及び解析に関する組織的研究」、鎌倉商工会議所、2010年11月4-6日
インタビュー「耕論 こんな参議院なら・・・議員の顔ぶれ変え多様性を」『朝日新聞』2010年10月22日
"A Bayesian View of Party Systems"、日本政治学会、中京大学、2010年10月9-11日
"What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula," 行動計量学会埼玉大学、2010年9月22-25日
「ゲームで学ぶ政治学1 連立政権ゲーム」『UP』2010年9月号(No.455)、20-25頁
"Legislative Activities in the Shadow of Election: A Natural Experiment," Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Washington D.C., USA, September 2-5, 2010. (with Akitaka Matsuo)
"A Bayesian View of Party Systems," Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Washington D.C., USA, September 2-5, 2010.
"Staggered Chambers As Laboratories: Legislative Activities in the Shadow of Election," Paper prepared for the 27th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Iowa University, Iowa City, July 22-24, 2010.
"A Bayesian View of Party Systems"、公共選択学会、慶應義塾大学、2010年6月26-27日
"What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula," 統計数理研究所応用統計学会、2010年5月20日
"A Bayesian View of Party Systems"、日本経済学会(特別セッション)、千葉大学、2010年6月5-6日
" Extension of the " SNTV = d'Hondt" Theory and the Threshold of Exclusion to Multiple, Limited, Cumulative Vote. " 日本選挙学会研究会、明治大学、2010年5月15-16日
"Estimation of Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without the Simultaneity Bias by Way of a New MCMC Method" (with Kohei Ichikawa) Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 22-25, 2010.
" Extension of the " SNTV = d'Hondt" Theory and the Threshold of Exclusion to Multiple, Limited, Cumulative Vote. " Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 22-25, 2010.
" Extension of the " SNTV = d'Hondt" Theory and the Threshold of Exclusion to Multiple, Limited, Cumulative Vote. " Paper prepared for the Annual Meeting of the Public Choice Society, Monterey, CA, USA, March 11-14, 2010.
「参議院議員選挙の定数較差の政治学的考察」『ジュリスト』1395 号(2010年3 月1 日号)、38-43頁
" Extension of the " SNTV = d'Hondt" Theory and the Threshold of Exclusion to Multiple, Limited, Cumulative Vote. " 「制度・政策デザインと評価」ワークショップ、筑波大学、2010年2月13日
"Estimation of Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without the Simultaneity Bias by Way of a New MCMC Method" (with Kohei Ichikawa) Paper prepared for International Workshop on Bayesian Econometrics and Statistics, University of Tokyo, February 4-5, 2010.
「ゲームで学ぶ政治学――内閣支持率連動債券の予想市場を例として」『UP』2010年2月号(No.448)、18-23頁


2009年
" Mobilization and Participation: A Natural Experiment, " (with Yusaku Horiuchi)、研究集会「時空間現象データに対する統計科学モデルの構築及び解析に関する組織的研究」宇治市生涯学習センター、2009年11月19-21日
"What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula"、研究集会「非対称分布の統計学」、慶応大学理学部、2009年11月25-27日
"What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula"、応用統計ワークショップ、東京大学経済学部、2009年12月11日
"What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula"、研究集会「生物情報を解明するための統計数学的基礎理論とその応用」、日本女子大学、2009年10月1-3日
" Why Do Bicameral Chambers Usually, but Not Always, Agree? An Incomplete Information Game Model, " Paper presented at Legislative Elections, Process, and Policy: The Influence of Bicameralism, Vanderbilt University, TN, USA, October 22-24, 2009.
「戦前内閣の生存分析:議会・軍部との関係を中心に」日本政治学会、日本大学、2009年10月10-12日(村井良太氏と共著)
" What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula, " Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Toronto, Canada, September 3-6, 2009.
" What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula, " Paper prepared for the 26th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Yale University, New Haven, July 23-25, 2009.
" Mobilization and Participation: A Natural Experiment, " Paper prepared for the 26th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Yale University, New Haven, July 23-25, 2009.(with Yusaku Horiuchi)
" Extension of the " SNTV = d'Hondt" Theory and the Threshold of Exclusion to Multiple, Limited, Cumulative Vote. " 公共選択学会中央大学、2009年7月4-5日
" Systematically Dependent Competing Risks and Strategic Retirement."American Journal of Political Science 53(3): 740-59. [replication website][publisher's website]
「選挙制度の非比例性に対する機械的効果」『年報政治学 2009-I』、110-39頁[Rコード]
「事前規制型社会から事後裁定型社会へ:ゲーム論的アプローチ」、日本経済学会、京都大学、2009年6月6-7日
" Mobilization and Participation: A Natural Experiment, " 日本選挙学会研究会・投票行動部会、同志社大学、2009年5月16-17日(with Yusaku Horiuchi)
" A Game Theoretic Model of Bicameral Conference and Amendment, " Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 2-5, 2009.
" Mobilization and Participation: A Natural Experiment, " Paper prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 2-5, 2009.(with Yusaku Horiuchi)
「事前規制型社会から事後裁定型社会へ:ゲーム論的アプローチ」、一橋ゲーム理論ワークショップ、2009年3月5-7日
" Japanese Political Scientists and Political Science in Foreign Countries " 国際ワークショップ「日欧戦後政治学の比較発展史」(北海道大学、2009年2月24日)


2008年
" What Happens Depends on When It Happens: Continuous or Ordered Event History Analysis Using Copula, " 研究集会「官庁統計データの公開における諸問題の研究」(統計数理研究所、2008年10月23-24日)、 研究集会「時空間現象データに対する統計科学モデルの構築及び解析に関する組織的研究」(沖縄県青年会館、2008年11月27-28日)、 Poster prepared for the 25th Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, University of Michigan, Ann Arbor, July 9-13, 2008.
*「信任的法案・解散総選挙・内閣総辞職: 不完備情報動学ゲームによる政局モデル」『レヴァイアサン』43号、93-113頁
書評「近接性理論は方向性理論より有意に優位か? 谷口尚子『現代日本の投票行動』(慶應義塾大学出版会、2005年)」『レヴァイアサン』43号、143-46頁
「事前規制型社会から事後裁定型社会へ:ゲーム論的アプローチ」 日本政治学会、関西学院大学、2008年10月11-13日
" Judging Judicial (In)dependence: Split Population Survival Analysis with Left Truncation and Average Treatment Effects on Time and Event " (with Mikitaka Masuyama、科研費研究集会「統計推測理論の最近の展開とその周辺」、佐渡島開発総合センター、2008年9月17-19日)
" Easy Issue for Me, Hard Issue for Them: Field Experiment in Large Social Survey, " Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Boston, MA, August 28 - 31, 2008. (with Kazumi Shimizu, Yuko Morimoto and Motoki Watabe)
書評「曽我謙悟・待鳥聡史『日本の地方政治 二元代表制政府の政策選択』(名古屋大学出版会、2007年)」『公共選択の研究』50号、65-7頁
「選挙制度の非比例性に対する機械的効果」公共選択学会、関西大学、2008年7月5-6日
" Why Do Bicameral Chambers Usually, but Not Always, Agree? An Incomplete Information Game Model, " Ver. 2: Paper presented at the annual meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 3-6, 2008、 日本経済学会、東北大学、2008年6月1日; Ver. 1: Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Chicago, IL, August 30 - September 2, 2007. (supported by the JPSA - APSA exchange program)、ゲーム理論セミナー、東京工業大学、2008年1月11日、京都ゲーム理論ワークショップ、京都大学、2008年3月8日、数理社会学会、成蹊大学、2008年3月16日
" Why Unsafe at Any Margin? Incumbency Advantage and Vulnerability, " Paper prepared for the Annual Meeting of the the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 3-6, 2008.
" Legislative Production in Comparative Perspective: Cross Sectional Study of 42 Countries and Time-Series Analysis of the Japan Case," Japanese Journal of Political Science. (Vol. 9, Issue 1, 1-19)[replication website]


2007年
「選挙制度の非比例性に対する機械的効果」、日本政治学会年報委員会、学習院大学、2007年12月7日
「2005年総選挙の不完備情報動学ゲームによる分析」日本政治学会、明治学院大学、2007年10月6-8日、 経済理論ワークショップ、一橋大学、2007年11月29日、 ミクロ経済学・ゲーム理論研究会、京都大学、2007年12月13日、 日本応用数理学会 数理政治学研究部会、筑波大学、2007年12月22日)
"Simultaneous Equations with Non Closed-form Distribution and Error Decomposition, with Application to Incumbency Advantage,"(統計的モデリングの方法と理論、一橋大学、2007年11月27日、「時空間現象データに対する統計科学モデルの構築及び解析に関する組織的研究」科研集会、岡山、2007年11月30日)
「小泉内閣の支持率とメディアの両義性」『学習院大学法学会雑誌』43巻(2007年)1号(水吉麻美氏と共著)、1-21頁
「大量計算による計量政治学の新展開」『ESP』2007年10月号、38-41頁
「私が見たアメリカ政治学」(早川誠氏との対談、司会谷口将紀氏)『日本政治研究』4巻(2007年)2号、153-83頁
インタビュー「こんな参議院なら要らない!?」 『フィナンシャルジャパン』
学界展望(先進国の比較政治)『国家学会雑誌』120巻(2007年)5・6号、93-8頁
討論、公共選択学会、2007年7月7、8日、東海大学
インタビュー「【07参院選】再考の府は今(下)」 『朝日新聞』(名古屋版)2007年7月4日
インタビュー「<1>『良識の府』は幻想か」 『読売新聞』(西部本社版)2007年6月13日
学会討論「分科会A 君主制と政党政治:比較政治史的検証」2007年6月23、24日(日本比較政治学会、同志社大学)
「不均質な選好による行政への委任:動学ゲーム・モデル」2007年6月9-10日(日本公共政策学会研究会、東北大学)
" Bayesian Estimation of Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without Simultaneity Bias, " Paper presented at the annual meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 12-15, 2007.
「日本における政治学方法論へ向けて」『レヴァイアサン』40号(2007年)、173-9頁
" A Hierarchy of Citizenship: Identity Politics of Suffrage Extension and Welfare Development, The U.S. and Japan, " Paper presented at the Max Planck Institute for the Study of Societies, Cologne, Germany, April 3, 2007.
" Heterogeneity Foundation of Discretion: Legislation, Execution, and Judgment, " Paper prepared for presentation at the first world meetings of the Public Choice Society, Amsterdam, Netherland, March 29 - April 1, 2007.
「不均質な選好による行政への委任:動学ゲーム・モデル」2007年3月3日(日本応用数理学会数理政治学研究部会、名古屋大学)、2006年11月18日(日本政治研究学会 研究会、東京大学)
『立法の制度と過程』木鐸社、2007年)
「不均質な二値回答の平均値のベータ分布による近似」2007年2月21-2日(合同研究集会「官庁統計データの公開における諸問題の研究」、統計数理研究所
「計数時系列データのベイズ分析」2007年1月12日(金沢大学研究集会「統計的離散モデリング」


2006年
「二値回答平均値データとベータ二項分布モデル:無党派層の増大による内閣支持率の不安定化」2006年11月28日(統計数理研究所)、2006年10月28日(政治過程研究会、慶應義塾大学)
" A Bayesian Analysis of Time-Series Event Count Data: An Application to Legislative Production," Workshop on Bayesian Statistics and Applied Econometrics, October 31-November 1, 2006, Tohoku University, Sendai, Japan
「参議院に存在意義はあるか」『中央公論』2006年12月号、230-9頁
「現職優位のベイジアン・ナッシュ均衡解とその不偏推定」2006年10月27日(現代政治経済研究会、東京大学社会科学研究所)
「主観的な政党優位論の客観的な資源的基盤」村松岐夫・久米郁男編『日本政治 変動の30年:政治家・官僚・団体調査に見る構造変容』(東洋経済新報社、2006年)、119-33頁
" Judging Political Promotion of Judges: Survival Analysis, Split Population Model and Matching Method," Paper prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association, Philadelphia, PA, USA, August 31 - Sept. 3, 2006. (with Mikitaka Masuyama)
Book review, The State of Civil Society in Japan. Edited by Frank J. Schwartz and Susan J. Pharr. Journal of East Asian Studies, 6:1 (2006), 313-315
" Estimating Incumbency Advantage and Campaign Spending Effect without the Simultaneity Bias: Strategic Incumbents, Challengers, and Contributors, " Paper prepared for the 23rd Annual Summer Methodology Conference, University of California, Davis, July 20-22, 2006.
" Heterogeneity Foundation of Discretion: Legislation, Execution, and Judgment, " Paper presented at the World Congress of the International Political Science Association, Fukuoka, Japan, July 9-14, 2006.
" A Hierarchy of Citizenship: Identity Politics of Suffrage Extension and Welfare Development, The U.S. and Japan, " Paper presented at the Japan Colloquium, University of Washington, Seattle, WA, USA, April 19, 2006.
「誰が人間か? 日米における参政権と福祉の拡張をめぐるアイデンティティの政治」6月3日(アメリカ政治研究会、学習院大学)、2005年11月26日(政治理論研究会、東京大学)、2006年1月14日(日本比較政治学会・政党政治コーカス研究会、上智大学)(邦文レジュメ
「計数時系列データのベイズ分析」(学会報告用草稿、2006年5月15日)2006年5月20-21日(日本選挙学会研究会・方法論部会、上智大学、統計ソフトなどについてはこちら
" A Bayesian Analysis of Time-Series Event Count Data, " Paper presented at the annual meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 20-23, 2006.
" The Effect of Position on Reelection and Promotion of Legislators, " Paper presented at the annual meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 20-23, 2006. (with Masahiko Tatebayashi)


2005年
「立法生産性の決定要因:非負整数時系列データのベイズ分析」2005年11月23日(日本政治研究学会研究会、東京大学)(邦文レジュメ
「落選リスクの逓減及び選挙に弱い議員の戦略的引退:議員の(政治)生命の確定的依存競合リスク生存分析」2005年10月29日(政治過程研究会、慶應義塾大学)(邦文レジュメ スライド版 印刷版
「二値回答平均値データとベータ二項分布モデル:無党派層の増大による内閣支持率の不安定化」2005年10月21日(現代政治経済研究会、東京大学社会科学研究所)(邦文レジュメ スライド版 印刷版
学会討論「分科会『計量政治分析の新地平−−質的分析との対話を求めて』」2005年10月2日(日本政治学会研究会、明治大学)
" Survival Analysis of Systematically Dependent Competing Risks: An Application to the U.S. Congressional Careers, " Paper for poster session at the 22nd Annual Summer Meeting of the Society for Political Methodology, Tallahassee, FL, USA, July 21-23, 2005
" Decreasing Electoral Risk and Strategic Retirement to Avoid Losing Election: Survival Analysis of Legislators' (Political) Life at Systematically Dependent Competing Risks " Paper presented at the annual meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 7-10, 2005. Nominated for the Robert H. Durr Award for the "best paper applying quantitative methods to a substantive problem in political science".


2004年
「国会議員の人材ポートフォリオ分析」『学習院大学経済経営研究所年報』第18巻(2004年)、71-86頁(脇坂明氏と共著)
「国会は『多数主義』か『討議アリーナ』か? 増山幹高著『議会制度と日本政治 議事運営の計量政治学』(木鐸社、二〇〇三年)をめぐって」 『レヴァイアサン』35号(2004年)152-9頁
「アメリカで言うところの政治学とは?」『創文』2004年9月号(No. 468)、22-6頁
"Stable Policy Outcome under New Circumstances: Inter-chamber Coordination in the Japanese Diet in the 1990s," Paper prepared for the Western Conference of the Association for Asian Studies, Seattle, September 30 - October 2, 2004 (with Satoshi Machidori)
" How do Separated Powers Unify Separated Purposes?," Paper prepared for the Sixth Workshop of Parliamentary Scholars and Parliamentarians, Wroxton College, Oxfordshire, UK, July 31-August 1, 2004 (with Satoshi Machidori)
"A Hierarchy of Citizenship: Identity Politics of Suffrage Extension and Welfare Development," Program on U.S.-Japan Relations, Harvard University, Occasional Paper 04-03, 2004
「両院協議会と衆院再議決:国会における二院制の政策的帰結」(待鳥聡史氏と共同報告)2004年5月15日 (日本選挙学会研究会、中央大学)
" How Many Laws does the Legislature Make? Cross Country Comparison and Cointegrated Time Series of Japan," prepared for the Annual Meeting of the Midwest Political Science Association, Chicago, IL, USA, April 15-8, 2004.
「安保・憲法・アジア――与党内対立と与野党間対立」『東洋文化研究』6号(2004年)、111-36頁
「国会議員の入場と退場:1947-1990」『選挙研究』19号(2004年)、101-10頁


2003年
*「参議院議員は衆議院議員よりもシニアか?」日本政治学会編『年報政治学 2003年』(岩波書店、2003年)、245-59頁
「法案数管理に見る内閣の統合機能――現行政府法案提出手続の形成過程と定着理由(一)(二)(三・完)」『議会政治研究』No. 67(2003年)、23-9頁、No. 68(2003年)、69-79頁、No. 69(2004年)、46-59頁、
『アクセス 日本政治論』(平野浩・河野勝編、日本経済評論社、2003年)、「立法」、135-52頁
「政治参加」『AERAMook 新版 政治学がわかる』(朝日新聞社、2003年)、20-23頁


2002年
「見分けにくい便宜と国益 名寄せで透明性向上を」(政治資金収支報告書が公開されたのに伴う識者評論、 共同通信社配信、地方9紙に掲載、題名は掲載紙ごとに異なる)2002年9月13日
座談会「日欧における新右翼の潮流――世紀末の『希望』から世紀初の『不安』へ?――」『生活経済政策』2002年9月号、2-23頁(司会:小川有美、出席者:畑山敏夫、池谷知明、水島治郎、近藤孝弘の諸氏)
"Bicameralism in Japan: Are the Two Houses Really Different and Why?" prepared for the Annual Meeting of the American Political Science Association , Boston, MA, USA, August 29 - September 1, 2002. (supported by the JPSA - APSA exchange program)
『デモクラシーの政治学』(福田有広・谷口将紀編、東京大学出版会、2002年)、 「参加」、234-50頁
学会討論「共通論題:構造改革と選挙」2002年5月18日(日本選挙学会、東京大学)
「国会研究の現状と課題――資料解題を中心として」『成蹊法学』55号(2002年)、157-200頁(川人貞史・増山幹高・待鳥聡史の諸氏と共著)
「二院制の存在理由」『レヴァイアサン』30号(2002年)、 90-114頁


2001年
"The One-party dominant regime in the Legislature was not built in a Day: Institutionalization of the Japanese Diet from 1947-2000 determined using the Individual Government Bills Database ," delivered at the 73rd Annual Meeting of the Southern Political Science Association , Atlanta, GA, USA, November 7-10, 2001
「政党内閣・議院内閣制・権力交代――山田央子著『明治政党論史』を読んで」『創文』2001年5月号(No.431)、19-22頁
「政治閉塞B自民党総裁選を眺める 党の基盤」『朝日新聞』2001年4月20日
「無党派層の増大と日本政治の動向」『中学校 地図・社会科研究』2001年1月号(3学期)、帝国書院、16頁
*「成長と自由化の政治的条件 池田政権期の政治経済体制」日本政治学会編『年報政治学 2000年』(岩波書店、2001年)、171-184頁


2000年
「内閣立法の審議過程の歴史的分析(1947-1998年)」『公共政策 日本公共政策学会年報 2000』(日本公共政策学会、2000年)
『日本の国会政治 全政府立法の分析』東京大学出版会、2000年)
「ゼロ金利解除の政治的意義」『朝日新聞』2000年8月24日付論壇


1999年
『代議士とカネ』(佐々木毅・吉田慎一・谷口将紀・山本修嗣編著、朝日選書、1999年)、「資金からみた政治的基盤の継承――渡辺美智雄から喜美へ」、177-190頁
『政治改革1800日の真実』(佐々木毅編、講談社、1999年)、「巻末資料」、496-539頁
「権力は金で買える」『創文』1999年10月号(No. 414)、1-4頁
「全閣法統計分析および国際比較による粘着性論批判」1999年10月3日(日本政治学会研究会、國學院大學)
"Japanese Legislative Process," and "The Organization of the Secretariat of the Houses: Japanese Model," delivered at the Seminar on The Reform of the Thai Legilative Process, held by the King Prajadhipok's Institute, Bangkok, Thailand, September 17-18, 1999
「内閣立法の検証(1947-1998年)」1999年6月12日(日本公共政策学会研究会、立命館大学)
「Peter J. Katzenstein, Cultural Norms and National Security: Police and Military in Postwar Japan」『国家学会雑誌』第112巻3・4号(1999年)、222-225頁


1998年
「国会定足数の政治的実態」『議会政治研究』47号(1998年)、1-9頁
"Breaking through Viscosity: The Three Modes of Conflict in the Diet,1947-1996," Social Science Japan , No. 13 , August 1998, pp. 26-28


1996年
「明治立憲政治の形成過程――『国民之友』に見る議院内閣制論――(一)(二)」『社会科学研究』第48巻1号(1996年)、145-165頁、2号、239-255頁( 明治立憲制研究会 として共著)