学習院コンピュータシステム支援組織

Mail:support@gakushuin.ac.jp

GCS22リースPCの概要

2022年導入のリースPCについてのシステム概要です。

ハードウェアとOSの情報

OS: Windows 11 Education 64ビット
実装メモリ:8GB
標準的に利用できる主なソフトウェアは以下のようになっています。
  • Microsoft Office LTSC 2021(Word,Excel,PowerPoint,Access等)
  • Microsoft Edge(ブラウザ)
  • Google Chrome(ブラウザ)
  • Adobe Creative Cloud(Acrobat, Photoshop,Illustrator)
  • Cybereason EDR(セキュリティ対策ソフト)
  • SPSS(統計解析ソフト)
GCS22では、以下のソフトウェアは標準ではインストールされていません。
  • Maple(数式処理ソフト)
    ご希望の場合は支援組織にご相談ください。
  • Mozilla FireFox(ブラウザ)
    ローカル管理者でサインインするとインストーラが用意されています。各自でインストールをお願いします。インストール手順
  • Mozilla Thunderbird(メールソフト)
    ローカル管理者でサインインするとインストーラが用意されています。各自でインストールをお願いします。インストール手順

はじめにお読みください

GCS22をはじめて使用する方のための基本的なマニュアルです。

はじめにお読みください Web版 (PDF) 冊子版をご希望の場合は支援組織までご連絡ください。
GCS22リースPC組み立て・接続手順:
デスクトップ(17型モニタ19型モニタ23型モニタ27型モニタ)・ 一体型ノート型
バックアップしたフォルダを開くツールの手順 (PDF)
Webメール:Webメールの使い方(簡易版)Webメール初期設定

Windows11入門

Windows11の基本的な操作方法のマニュアルです。

はじめて使うWindows11

Microsoft OfficeおよびAdobeソフトウェアの利用

学校が所有しているすべてのPCでMicrosoft Officeを利用することができます。
利用時には、AdobeCCの認証を求められます。

Microsoft Office を利用する
Adobe Creative Cloud を利用する

リースPCで利用する場合の手順:
リースPCでAdobeCCアプリを認証する(Adobeアプリを使おうとするとエラーが出るときの対処法)
リースPCに新たなAdobeCCアプリを追加する

各種プリンタの設定

リースパソコンとリースプリンタをLANで接続するための設定方法は機種によって異なります。 機種別の設定方法は次の通りです(PDFファイルを開きます)。

各種プリンタの設定

DVDを再生する方法

GCS22リースPCにはDVDドライブが付属しません。DVD・CDメディアを再生したいときは外付けDVDドライブをご用意ください。

ユーザー辞書ファイルのインポート

以前のシステムにてユーザー辞書に単語登録をされた場合,その辞書設定は自動的には新システムに移行されません。 各自で設定をして頂きますようお願いいたします。

Microsoft IME辞書ファイルの移行設定

Edgeのブックマークの復元方法

バックアップ済のお気に入りを復元する方法です。

ブックマークのバックアップ・復元方法

Windows各種ソフトウェアのアップデートについて

近年、マルウェアの感染被害が多く報告されており、中には脆弱性のあるソフトウェアを使用しているために、 ウェブサイトを閲覧するだけで感染したとの報告もあります。 これらの脅威から身を守るために、 セキュリティソフトを含むソフトウェアやオペレーティングシステムが提供しているアップデートを適切に行ってください。

  • Windows Updateについて(Windows11)
    通常のアップデートは随時配信されます。大きなアップデートについては検証後、配信されます。
  • AdobeCCアプリのアップデート方法
    AdobeCCアプリ上でアップデート操作・設定を行います。

メールのセキュリティ対策

2022/6/1より、受信メールに添付ファイルが含まれている場合、添付ファイルの監査が実施されます。

添付ファイル監査の実施について
隔離メールの取得手順

ファンクションキーについて

ノートPCのファンクションキーには、アイコン表示どおりの機能(音量変更や画面の明るさ調整など)と、F1~F12に設定された汎用的な機能(入力文字の半角・全角変換など)の2つの役割があります。この役割の切り替えは[Fn]キーで行います。
ファンクションキーのみを押すと、F1~F12の機能が実行されます。キーボード左端最下段の[Fn]キーとファンクションキーを同時に押すと、アイコンで表示されている機能が実行されます。 また、[Fn]キーとキーボード左端最上段の[Esc(FnLock)]キーを同時に押すと[Fn]キーがロックされます。ロック状態ではF1~12キーを押したときにアイコンの機能が実行されるようになります。

以下にGCS22機ノートPCのFnキーに割り当てられた、アイコン表示の機能を記します。
F1
音声出力を消音します。再度押すと消音を解除します。
F2
音量を下げます。
F3
音量を上げます。
F4
再生/一時停止の操作を行います。
F5
キーボードバックライトを切り替えます(オプション)。
F6
画面を暗くします。
F7
画面を明るくします。
F8
コンピュータ画面とプロジェクタ等の外部出力の切り替えを行います。
F9
F10
PrintScreenに相当します。
F11
ホームボタンに相当します。
F12
Endボタンに相当します。
GCS18からGCS22への移行準備ページ(データ消去など)を確認したい場合はこちら
最終更新日